どこまでも無意味


by komorikuno
面倒くさがりって言葉はけっこう巷に溢れています。
私、面倒くさがりなんだよね~とか。
うわ、なにこれ面倒くさいーとか。

面倒くさがりってのは、人の欠点としては小さいものに見える。
しかし結局のところ、それは物を長い目でみることができないということに他ならない。

ので、今年は少しでも面倒くさがりを治すという目標を立ててみたよ!
わー、でもこれけっこう大変な目標だよー?
わーわー。
[PR]
# by komorikuno | 2007-04-09 23:16 | *日記

春は混沌の季節

少なくとも私にとっては。
春先は少し緊張するのか、ありえないような失態を演じます。
・・・・ってこれ去年もおととしも書いた気がする。

もう、洒落になんないくらい雪だるま式にトラブルが。
そういう星のもとに生まれたのでしょうか。
失敗しないようにしなきゃ・・・・あああっ!みたいなそういう悪いスパイラルに嵌りやすい人だということは確かです。

おととしは初対面の男子にスポイトで薬剤をかけてしまう
去年は確かいろいろありすぎてむしろ覚えてない。
今年は、怖いほどの約束破りをした挙句どこの狂人ですかレベルの言い訳を恋人にする。

もう、どうなることかと。
こういうときい限って、素直になれなかったり意地を張ってしまったり。
連絡に齟齬があったり逆ギレしたり・・・・と尽く手落ちが目立つ。
まずきっかけは自分で作ったのですが、それすら通常の自分じゃ絶対やらない・・・・。
ほんと、何考えてたんだろう・・・・。
確か、確か学務に変更を届けるべく道を急いでいたのが発端で・・・・(失敗しないようにしなきゃ!)
そしてその後、よくわからない事態に発展し、悪夢のようなナイトメア(腹痛が痛い)
なぜこんなことに・・・・

と思ったら、その日の前は徹夜でしかも生理前だったことに気づく。
だー、しまった・・・・気づくべきだった。
落ち着け・・・を念仏のように唱えていないと当たってしまうというデンジャラスシーズン。

こうして、おそろしいほどの死亡フラグが立っていたのでした。
が、かろうじて起死回生です。
しかし何かにリーチがかかっているような気がしてなりませんよ!
でもリーチってなんか清々しいね。
[PR]
# by komorikuno | 2007-04-08 17:43 | *日記

甘味楽園。

ココ行って来た。

いろいろ迷った挙句三時過ぎくらいに到着。
するとやはり並んでおりました。
で、45分程度待ちまして、入店。
(しかし、五時半すぎに出たところ、並んでる人がかなり少なくなっていた。この時間が狙い目なのか・・・?)

ポップな感じでかわいい店内とケーキに感動しながら席へ。
おいしかったです。いの一番にチーズケーキとったり。
カットしてないホールのケーキは、自分のすきなように切れるなんて太っ腹!!
他にもカレーやサラダやパスタ、かりかり梅(笑)、ポップコーン、チョコフォンデュも。


当然だけど、女の子が多かった。
トイレも、女子トイレと男女兼用トイレが一つずつ。

で、不思議だったことは、何故かパスタの方に行列ができていたことです。
かくいう私も2皿ほどスイーツを食べてパスタやサラダへ・・・。
甘いものばっかだと、みんな塩味に行ってしまうようだ。
時間的に、昼抜いてきた人もいそうだし(私)

おなかいっぱい、胃もたれ少々で帰ってきました。うむ。
都会ってすごい。
[PR]
# by komorikuno | 2007-03-27 01:14 | *日記

花粉

花粉しね。
[PR]
# by komorikuno | 2007-03-23 11:58 | *日記

どうでもいい

さて、近況はというと友人とうへへあははしてきたり
アニメ見てたり
ゴロゴロしてたり
風邪引いてみたり
いろいろでしたが、概ね昼夜逆転していましたよ。
どうなの、これ。
しかし今日は寝付くことに成功し、まんまと早起きですよ。

ところで我が家の給湯器が喋るようになりました。
なんか怖い。
[PR]
# by komorikuno | 2007-03-14 07:44 | *日記

私的記憶の不思議

一年前はまだ高校生だった・・・ていう追憶ができないシーズンに突入しました。

私の場合、一年を越すと、どっと記憶への親近感が失せていきます。
三年で完璧に乾燥して、ほとんど昔話状態。
思い出すときも、例えて言うとフレーム付きで思い出されるようになり、その映像も俯瞰に近いイメージになります。

ちなみに、強烈な懐かしさをともなう記憶は、だいたい五年から四年前が多いです。
懐かしい記憶には決まって、なつかしいもの臭っていうか、必ずにおいつきで思い出されます。
成長するにつれてなつかしい!ていうにおいを感じなくなる記憶、変わらずなつかしい記憶として残り続けるものがあったりもします。

少しずつ少しずつ水位があがっていくように、なつかしい記憶の層はのぼっていきます。
十二歳のときは八歳くらいに強くなつかしさを覚える
十五歳のときは十一歳
十九歳なら十四歳。

不思議なものです。
全ては流れて、どんどん見えなくなります。
ときどき、ああ、とりかえしがつかない、とすくんでしまいます。
[PR]
# by komorikuno | 2007-03-08 02:12

衝撃が走った。

たった今、私はとんでもないことに気づいてしまった・・・。
かつて小学校の体操服がブルマであったということに。

妙なところで妙な主張を思い出しながら、あれが日常だった日々を思い出しつつ。
最近の学校のほとんどはちゃんと短パンなんだよね。
よく保護者から批判が出なかったものだ。
そしてそれ以上に、かつて全国にブルマを履いた少女が散在していたという事実はちょっと複雑な気分だ。
見たいような・・・でも見たくないような・・・。
[PR]
# by komorikuno | 2007-03-03 23:25 | *日記

ゲロを吐きそうに

○クシィをうろうろしてたらつい春休みを有効に使っている人間共を見てしまい、思わずゲロを吐きそうになりました。
ああ、鬱。

こういうことがあるから○クシィは嫌いなのだ。
[PR]
# by komorikuno | 2007-03-02 07:13 | *日記

些細なことですが

某ファーストフード店のチキン○ゲットを複数まとめ買った。
○ゲットに興味がなく食べたこともないという人間なので、注文をよそにそこらで無関心に待機。
で、相手が袋がさがさ言わせながら戻ってきて「どっちのソースがいいかわからなかったから違う種類ずつ入れてもらったよ」とかにこにこされてちょっと感激。
ソースなんてどっちでもいいのに。

入院して心配されるとか、落ち込んでいる時に励まされるとかそういうのもかなり有難いものだけど(無駄に元気だからそれはないが)、こういうさりげない場面でナチュラルに気遣われる(?)となんだかうん思うところがあるね。
[PR]
# by komorikuno | 2007-03-01 05:27 | *日記

強風

強風で長ネギが飛びました。
待って!私の特売品っ!

それはともかく花粉の勢いがすごいです。
くしゃみが出るときは常に二連続。
[PR]
# by komorikuno | 2007-02-24 13:15 | *日記